株式会社 安東建設 採用サイト

HOME

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ 奥野 和也 奥野 和也 技術職(海洋土木) 2002年入社
現在の業務内容について教えてください。

私が担当する「海洋土木」では漁礁工事や防波堤工事、漁港工事に灯台浮標設置など海の土木に関するあらゆる工事を行っています。

現在は現場監督という立場にあり、工程や設計上の管理、材料の手配や業者の手配などが私の主な仕事です。
建設現場では数多くの従業員や技術屋さんが働いています。現場はこのような方たちが作業をしてくれて成り立っていますので、よりスムーズに作業を段取り良くすすめる方法を考えたり、働きやすい環境を整えていくことが現場監督としての私の仕事です。

安東建設に入社を決めた理由は何ですか?

高校時代は建築を専攻し、卒業後に建築会社に入社しました。
数年間現場監督してその会社に務め、その後知り合いの方を経て、「安東建設」に入社しました。

入社を決めた一番の理由は、「社長の人柄」ですね。
面接の時に話をお聞きして、「この会社だったら本気で働ける」って思って、その場で「お願いします!」って社長に言いました。

建築関連業界にいたので「安東建設」のことは知っていましたし、「会社の内容も良いみたいだよ」と同業の知り合いからも聞いていました。
そしてなにより多種多様な工事を行っているということも決め手の一つになりました。
もともと土木には興味があったので、幅広く試してみたいという自分の思いと会社の事業が一致したという感じです。

実際に入社してみていかがでしたか?

入社して最初の仕事は、設備関係の水道工事の現場でした。水道工事はそれまで全くしたことがなかったので、やはり大変でしたね。ちょうど同期で入ったスタッフもいて、一緒に現場を切り盛りしてなんとか無事に工事を終わらせることができました。

一つの仕事が終わると、そこからは土木や海洋土木などにもチャレンジさせてもらって本当に良い経験になったと思っています。以前勤めていた会社は道路工事がメインだったので一つの事にしかチャレンジできませんでしたが、安東建設では海・山・設備・舗装と幅広く経験が出来ます。その点に関しては自分自身のスキルアップにもつながっていると感じています。

奥野さんが感じる仕事の「やりがい」ってなんですか?

一番のやりがいは、「自分が関わって作ったものが形として残るということ」。この点につきますね。
今作っている防波堤もそうですし、道路だってそうです。
担当したところを見るだけでも「この現場はうちがやったんだよな~」っていう、なんかちょっと感慨深いものがありますね。

もちろん現場で工事を行っているときは大変なこともあります。
過去に現場を担当した時に、弥生時代の遺跡がちょうど出たんですよ。遺跡が発見されると調査のために工事が中断するんですが、工期は変わらないので…。工期内に必ず仕事を終わらせないといけないので、最後の方はやっぱり段取りが大変ですね。

どうやって期日内に終わらせるかということを一番に考えなきゃならないですし、脳みそに汗をかきながら四苦八苦するときもあります。
そんな現場が無事に終わった時の「達成感」は何ものにも代え難いですね。

安東建設の魅力って何でしょうか?

様々な種類の工事をしているため、多くの経験が積めるということは建設に関わる人間として非常に魅力的です。
社長の人柄も魅力的ですが、従業員や技術者、現場の社員のつながりもしっかりとしています。
そのため困難な現場であっても、先輩に気軽に相談できますので自信をもって現場を収めることができることが非常に魅力的だと私は思っています。

これから就職する方、同じ業界を目指す方へのメッセージ

とにかく優しい先輩方が多いというのが当社の特徴です。新卒、中途とそれぞれの立場で経験があると思いますが、すぐに馴染めるというのが良い社風だと思います。(私もそうだったので)
特に新卒の場合は仕事で分からないことや壁にぶつかってしまうことも多々あるとは思いますが、各現場の先輩にしっかりと聞いて学んでいきましょう。
今でもすごく良い会社だと思っていますが、この流れを引き継いでいって一緒に会社を支えていってくれる新しい仲間と出会えることを楽しみにしています!

働く環境は大分県一!森崎 公明さん