株式会社 安東建設 採用サイト

HOME

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ 市原 僚太 市原 僚太 技術職(舗装) 2012年入社
現在の業務内容について教えてください。

私が担当する「舗装工事」では道路の舗装をはじめ、道路の維持・修繕を行っています。
現在は安東建設に入社して4年目で、現場では施工管理を中心に業務を行っています。特に資材やダンプトラックの手配、工程管理などが主な業務です。
舗装工事というと新しい道路をつくっていくことを想像されると思いますが、最近多くなっているのは、古くなった道路の舗装を新しい道路のように修繕したり、駐車場の新設、工場内の敷地の舗装などです。
まだまだ慣れないことが多く日々四苦八苦していますが、早く現場を任せてもらえるようになるために日々努力中です。

安東建設に入社を決めた理由は何ですか?

高校では建築を専攻していました。特に建築士になりたいとかの夢があったわけではないんですが、その時は流れで建築科に入ったというか。
当時は学校に求人が来ていて建設会社に入社し建築部門に配属されました。当時は今と違い老人ホームや病院といった施設建設の現場で現場監督の仕事をしていたんです。
その後退職をして、仕事を探している時に知り合いだった会社の先輩から「今うちも人を募集しているから来てみない?」と誘われて一度面接を受けてみようと思いました。
その時は「安東建設」っていう名前も知らなかったですし、建築土木の仕事をしていることすら知りませんでした。
しかも面接は上司の方が来るものばかりと思っていたら社長自ら来まして(正直・・・油断してました(笑))
シンプルに「どうだ?うちでやってみるか?」と聞かれて「お願いします!」って答えていましたね。
ただその時は土木のことは全く知りませんでしたし、舗装なんてどうやって施工しているのかなど全く分かりませんでした。
その点に関しては「やっていけるかなぁ?!」とちょっと不安に思っていましたね。

実際に入社してみていかがでしたか?

不安に思っていたことは日を追うごとに小さくなっていきました。というのも入社後から様々な現場に連れて行ってもらえたんですよね。
そうすることによって、「あ~こんな風してに現場が出来上がっていくんだな」というイメージがだんだんとふくれあがっていったんです。
はじめのころは先輩と現場の写真を撮りに行ったりしていたんですが、慣れてくると一人で行ける現場も増えてきました。

今年は高校生の新入社員が新しく入ってきたんですが、それまでは私が一番年下だったんです。そんな環境だったからかもしれませんが、先輩たちが結構かわいがってくれました。舗装工事の経験がない私にも丁寧に教えてくれて本当に助かっています。
特に以前の会社では日々の業務的なものは安全の日誌を作るくらいだったため、どんな書類を作ってよいかすら分かりませんでした。
今は竣工に関するすべての書類の作成などもさせてもらっていて、どうやって工事が進んでいくのかもわかるようになってきました。
もちろん書類作りは大変ですが、完成した時の達成感はとてもありますね。今はやりがいを感じています。

これからの目標を教えて下さい

27歳になるまでには周りから心配されることなく現場を任せられる人間になりたいと思っています(取材時:24歳)
まだまだ上司から指摘される部分も多い毎日ですが、しっかりと経験を積んで一人前になりたいと思っています。
また当社には、海洋土木や一般土木など、舗装以外にも数多くの工事があります。
様々な分野があるので、将来は海洋土木などにもチャレンジしてみたいって思っています。

これから就職する方、同じ業界を目指す方へのメッセージ

とにかく若い人に入社して欲しいです!(笑)やっぱり年の近い後輩が欲しくなりますね。
当社は数多くの分野の事業を行っていますのでいろいろな「ものづくり」を経験することができます。そのチャンスは他の会社よりも必ず多いはずです。
また、会社の先輩方は非常に面倒見の良い方が多いです。コミュニケーションのとりやすい優しい方が多くてアットホームな社風だと思います。
一緒に働ける方、お待ちしてます!

作ったものが生涯残ることが最大の魅力。奥野 和也さん